革財布の金具の付け方

これらの金具をどうしたら革財布などのレザークラフトにつけることができるのでしょうか。

まずギボシの付け方について説明していきます。まずは、ギボシで合わせたい部分にハトメ抜きでハトメ穴をつけて置き、大きいほうの穴には切り込みを入れておきます。小さいほうの穴がある革を裏向きにして、ギボシをその穴に足から差し込みます。その革を表向きにしたらギボシの頭をギボシの足と合わせて、手でネジを締めていきます。この時ドライバーを使うとよりしっかりと締めることができるのでオススメです。あとは、大きいほうの穴をギボシに合わせるとギボシで革と留めることができます。

次にバネホックです。バネホックには、オスホックとメスホックとあり、オスホックには突起がついており、メスホックにはへこみがあるので、それをはめることで留めることができます。バネホックを革につけるには、まず革にハトメ穴を大小2つあけ、大きい方の穴にメスホックを、小さい方にはオスホックをつけます。オスホックの足は革の裏側から突起を差し込みメタルプレートの平らな側を上にしてその上に革の表側を上に向けておきます。表側からオスホックのダボを重ね、専用の打ち棒を木槌でたたいてとめます。

メスホックはメタルプレートをくぼみがある方を上にし、ホックの頭を同じサイズのくぼみに置きます。革の裏面を上にしてメスホックの頭の上に穴を合わせます。メスホックのばねを専用の打ち棒の先端につけます。

メスホックの頭の中心に合わせ、専用の打ち棒を木槌でたたいてとめます。そしたら、オスホックとメスホックを重ねて留めることができます。