その他工具

革財布などで人気のレザークラフトですが、様々な工具を使って製作に取り組むことが出来ます。使う人によって、様々な使い分けをしているため、自分に合った工具を探していくことをおすすめします。

自分に合った工具を見つけられれば、作業もよりはかどりやすくなることでしょう。

レザークラフトを始めるうえで必要になってくるのは、ハトメ抜きや菱目打ちなど、穴をあけるために必要な道具を打ち付ける木槌があげられます。打ち付けられればなんでもよいというわけではなく、金づちなどを使うと工具が傷んでしまう恐れがあるため、木槌くらいの固さがちょうどよいのです。

そして、コバと呼ばれる革の切り口を綺麗に仕上げてくれるサンドスティックもあると便利なのではないでしょうか。サンドスティックの表面がヤスリになっているので、コバを磨き上げるのにもってこいです。コバを磨く道具は、他にウッドスリッカーもあります。ぜひ調べてみてください。コバ処理に便利なのが、へりおとしと呼ばれる道具で、こちらはコバ処理をするときに、角の部分を面取りするのに使用されます。

革の床面は、毛羽立っていてざらざらとした感触です。その床面を磨くのに便利なのがガラス板です。

また、革を縫い上げるのに必要なのが、手縫いロウ引き糸と手縫い針です。糸を切るときのハサミもあるとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です